貸しているアパートの住人が孤独死をしました。このような場合は誰が遺品整理をお願いするのですか?

遺品整理のご相談なら“遺品整理なび”

遺品整理なび ホーム > 教えて!遺品整理 >貸しているアパートの住人が孤独死をしました。このような場合は誰が遺品整理をお願いするのですか?

教えて!遺品整理

貸しているアパートの住人が孤独死をしました。このような場合は誰が遺品整理をお願いするのですか?

身内がいない、もしくはわからない場合は大家さんであっても、勝手に家財道具を処分することは違法となってしまいます。
厳密には、裁判所に申し立て財産管理人を指名してもらい、その財産管理人の判断で整理することが出来ますが、そのための裁判所に預ける預託金は100万円近くかかる場合があり、自己負担となります。
故人に財産がある場合は、立て替え分として優先的に返金されます。
このようなケースがあった場合はまずは、お問い合わせください、無料でご相談にのらせて頂きます。

















遺品に関するご相談から遺品整理専門業者紹介まで 遺品整理 お客様センター 0120-979-639  ※安心して任せられる遺品整理専門の業者をご紹介いたします。

このページの先頭に戻る